以前、インターネットの一括査定サイトを

インターネット上に存在する中古車一括査定サイト

インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の相場が一目瞭然なので大変便利です。相場は分かりますが、現実的にいくらで売却可能かは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。ボディや内装のキズや凹みの程度、および車検があとどれくらい残っているかなどによって、査定額は大きく変わってきます。


中古車を手放そうと考えているときには、一括査定サイトが出した査定結果をあまり過信するのも考え物です。
この間、知り合いの使用済み車販売業者の方に、長い間乗っていた車を査定してもらいました。



ほぼ廃車同然だと言われてしまい、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、3万円で下取りしてくれるということでした。

そのあとは、その車は修理したのち代車などに使われているようです。



買取で良い値段が付く車の代表といえばなんといっても軽自動車です。


「日常の足として、とにかく安さ優先というお客様に売れる」「代車としての用途もあるので利便性が高い」といった話を中古車屋さんで耳にしたことがあります。ここのところ、普通車に近いサイズの軽自動車も増えてきたので、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、よく売れているため、買取査定で有利なのも頷けますね。



個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。
走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。また、これが10万キロともなれば過走行車扱いで値段がつかないこともあります。

それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している場合があり、あまり歓迎されません。雪が積もった日、車が滑り、前部を電柱に衝突させてしまいました。



どうにかエンジンには被害が見られなかったのですが、そのような状態でも事故車扱いに変わってしまうでしょう。車のバンパーだけでなく、フロントのフレーム箇所の修理修繕を行う必要が生じたため、高額の修理代が掛かってしまいます。
専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。


修理歴等を偽って深刻する行為は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。



そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。実際、契約書の中にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車関連の話に限定されることなくさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。



自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、よく読んで確認してください。


分からないところがあったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。



車の状態は評価するに当たって大変重要な見どころとなります。故障しているところがある場合、はっきりとわかるような大きなヘコミや傷がある場合は、査定額を大きく下げてしまいます。
メーターは基本的に少なければ少ないほど値がつくと思ってください。新品の車を買って5年乗った後であるなら、3~4万キロだと高く買い取られます。


中古車購入時に気になってくるのは、年式に付け加えて走行距離だと思いますね。


一般的に言って中古車の走行距離とは、1年間で1万km程度と考えられます。ですから、10年間の使用で10万kmくらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。


中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。車を売るときにたまに見かけるケースとしては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる場合があるので気を付けなければいけません。
このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もり時に見落とした方が悪いので、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。