新しい車に購入し直す時、現在まで使用してきた車は販売業者で下取

新しい車に購入し直す時、現在まで使用してきた車は販売業者で下取りしていただく方が多くいると思います。

でも、専属の販売店での査定では年式と走った長さで、判断されてしまう場合がだいたい多くなっていますから、新車ではない、自動車の市場で評判がある車でもそれほど高額な査定は望みはもてないでしょう。 Read more 新しい車に購入し直す時、現在まで使用してきた車は販売業者で下取

一般に海外の車というと国産車に比べて、中古

一般に海外の車というと国産車に比べて、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、市場価値の判断がつきにくく、買取業者としても値付けが難しいからです。 Read more 一般に海外の車というと国産車に比べて、中古

買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、一つの

買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、一つの業者だけに査定をたのまず必ずいくつかの業者を使い、洗車して汚れは落としておき、加えて、車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。言うまでもないことですが、後々余計な厄介ごとを引き起こすことのないように、事故車であるなど伝えておくべきことはきちんと告げておくのがルールです。 Read more 買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、一つの

自分の車は何年か前に事故を起こしており、その時にフレーム

自分の車は何年か前に事故を起こしており、その時にフレームを直してもらっており、履歴としては修理歴有りということになります。しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。 Read more 自分の車は何年か前に事故を起こしており、その時にフレーム

自動車の年間走行距離というと、自家用車に

自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でおおよそ1万kmが標準といわれています。総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いでタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。 Read more 自動車の年間走行距離というと、自家用車に